home으로 > 製品情報 > 体成分分析装置 > InBody770

The Premier InBody,
最上位機種として測定精度の標準装置
InBody770

Frequency : 1kHz, 5kHz, 50kHz, 250kHz, 500kHz, 1000kHz
Display : 800 X 480 10inch Color TFT LCD
Hand Type : Line Type

InBody InBody

InBody

体成分分析装置初の同時多周波インピーダンス測定技術を適用
(Simultaneous Multi-frequency Impedance Measurement : SMFIM)
InBody770はSMFIMを適用し、同時に多数の周波数を人体に流して各々の周波数に該当するインピーダンスを測定することで、より短い時間に高い精度の測定ができます。
Fast & Easy InBody770
InBody770に搭載されているSMFIM技術は、インピーダンスの測定時間を短縮することで、測定中の姿勢変化による誤差を最小化します。また、測定に必要な最低限の情報である身長のみを入力して測定したり、測定集団によって年齢や性別が常に同一なら、情報入力を省略したりすることもできます。また、複雑な設定をすることなく、誰でも簡単に測定することができます。
Precise InBody770
InBodyの精度は、世界各国で体成分分析のGold Standardと言われる、DEXA法・水中体重法・重水希釈法などと比較研究されています。InBodyの測定値は人種・性別・年齢・体型と関係なく、浮腫の伴う患者群でも高い相関を示されており、研究実績は数多くの論文に発表されています。
Smart InBody770
音声ガイダンスと画面の案内に従って、誰でも簡単に測定することができます。測定モードを変更することで、測定する環境や目的に応じた画面設定が可能です。
簡単且つ迅速な測定
音声ガイダンスに従って、誰でも簡単に測定することができます。
選択できる測定モード
モードを変更することで、測定する環境や目的に応じた画面設定が可能です。
結果用紙のQRコードを読み取ると、各実測項目が意味する内容が確認できます。
※ 結果説明は実測結果に対する説明ではありません。
※ 結果用紙にQRコードを表示するには、管理者による設定変更が必要です。
ワイヤレス通信対応
Wi-FiまたはBluetoothを使うことによって、InBodyとパソコンをワイヤレスでつなぐことができます。
※別途Lookin’ Bodyの購入が必要です。

精密な測定を可能にするInBodyの技術力

InBodyは世界70か国以上の医療施設や大学・企業の研究施設などで、臨床検査・臨床試験・栄養指導・健康指導のツールとして使用されています。
世界特許で保護されている部位直接インピーダンス測定法(DSM-BIA)
InBodyの部位別直接インピーダンス測定法は、人体を右腕・左腕・体幹・右脚・左脚に分けて測定する技術です。断面積と長さの異なる各部位を別々に測定するため、どの体型でも同じ精度で分析できます。
正確な測定を可能にする多周波数測定
6種類の広帯域周波数を用いて細胞内水分と細胞外水分に分けて測定する技術です。交流電流は周波数によって細胞膜を透過する程度が異なります。InBodyはこの特性を利用して高周波の電流では全体の体水分を、低周波の電流では細胞外水分を測定することで、水分均衡が分かります。
高い再現性を実現する8点接触型電極法
人体の形状を考慮して左右の手と足に各2個ずつの電流、計8個の電流を使用する技術です。電流と電圧を分離したInBodyの電極接触型は、手首と足首の常に一定な位置から測定が始まるため、再現性がとても高く、皮膚による接触抵抗の影響を受けない正確な測定が可能です。

InBodyの活用を高めるオプション

InBodyと連動して使用することで、更に利便性を向上できます。
Lookin’Body120
データ管理ソフトと有・無線接続することで、パソコンで測定者の個人情報や測定データの管理ができます。
専用支持台
InBodyの後ろから支持台を設置すると、お年寄りの方や体の不自由な方も安心してInBodyに乗ることができます。
身長計付き体重計
折り畳み伸縮式身長計付き体重計BSM370と連動することで、身長測定値の転送が可能です。

LookinBody, BPBIO,BSM370

生体電気のインピーダンス(BIA)測定項目 生体インピーダンス(Z) : 6種類の周波数(1kHz、5kHz、50kHz、250kHz、500kHz、1000kHz)で、5つの部位別(右腕、左腕、体幹、右脚、左脚)にインピーダンス(Z)を測定
リアクタンス(Xc) : 3種類の周波数(5kHz、50kHz、250kHz)で、5つの部位別(右腕、左腕、体幹、右脚、左脚)にリアクタンス(Xc)を測定
位相角(θ) : 1種類の周波数(50kHz)で、全身と5つの部位別(右腕、左腕、体幹、右脚、左脚)に位相角(θ)を測定
電極方式 8点接触型電極法
測定方法 部位別直接多周波測定法(Direct Segmental Multi-frequency Bioelectrical Impedance Analysis Method、DSM-BIA 方式)
同時多周波インピーダンス測定法(Simultaneous Multi-frequency Impedance Measurement、SMFIM方式)
結果項目 体重、体水分量(部位別)、細胞内水分量(部位別)、細胞外水分量(部位別)、除脂肪量、筋肉量(部位別)、タンパク質量、ミネラル量、体細胞量、体脂肪量(部位別)、体脂肪率、基礎代謝量、ECW/TBW(部位別)、BMI、体成分履歴(8回分測定結果)、インピーダンス(部位別・周波数別)
体成分算出 経験変数(性別、年齢)の排除
ロゴ表示 結果用紙に施設名、住所、連絡先の記載が可能
結果確認 LCD画面、結果用紙、データ管理ソフトLookin’Body (オプション)
結果用紙の種類 体成分結果用紙(専用/内蔵)、体水分結果用紙(内蔵)、小児用結果用紙(内蔵)
測定音 測定時の進行状況、環境設定保存、個人情報入力を知らせる案内音及び測定時の音声ガイドの設定可能
測定姿勢 立位
電極の種類 接触型電極
測定画面 セルフモード及び専門家モード
管理者メニュー 測定環境に合わせてInBody770の機器設定及び測定データの確認
結果保存 ID入力時に測定結果保存(測定合計100,000回まで保存可能)
データコピー USBメモリーに保存可能(Excel、Lookin’Bodyで確認可能) ※(株)インボディ・ジャパンが推奨するUSBメモリー
データバックアップ USBメモリーで機器に保存されたデータのバックアップと復元
プリンター接続 USBポート
オプション データ管理ソフト(Lookin’Body120)
使用電流 80㎂(±10㎂)
消費電力 70VA
アダプタ 電源入力 100-240~、50/60Hz、1.2A
電源出力 12V、3.4A
表示画面 800×480 10inch Color TFT LCD
入力インタフェース タッチスクリーン、キーパッド
外部インタフェース RS-232C×4、USB Host×2、USB Slave×1、LAN(10T)×1、Bluetooth×1、Wi-Fi×1
対応プリンター ※(株)インボディ・ジャパンが推奨するプリンター
装置寸法 W526×L854×H1175mm
装置重量 38kg
測定時間 60秒
動作環境 [温度] 10~40℃ [湿度] 30~75%RH [気圧] 70~106kPa
運送及び保管環境 [温度] -20~70℃ [湿度] 10~95%RH [気圧] 50~106kPa(結露がないこと)
体重測定 検定付 [ひょう量] 270kg [目量] 0.1kg [着衣量(PT)] 0~5.0kg(0.1kg単位) [精度等級] 3級
検定無 [ひょう量] 270kg [目量] 0.1kg [着衣量(PT)] 0~5.0kg(0.1kg単位)
身長範囲 110~220cm
測定対象年齢 6~99歳
販売名 ボディーコンポジションアナライザー InBody770
分類 クラスⅡ、管理医療機器
医療機器認証番号 第226AFBZX00122000号
一般的名称 体成分分析装置(JMDNコード:36022020)
GTINコード 8809209590051(JANコード互換)
保険点数 体液量測定 細胞外液量測定 60点

* 性能改良のため仕様・デザインは予告なしに変更することがありますのでご了承ください。

▲ TOP