home으로 > 製品情報 > データ管理ソフト > Lookin’Body120

InBody770・570
データ管理ソフトウェア
Lookin’Body120

※対応機種: InBody770/570
必要システム構成
OS: Windows 7/8(RTを除く)
CPU: 1.7GHz以上のプロセッサー
HDD: 1GB以上の空き容量
RAM: 1GB以上(2GB以上を推奨)
ディスプレイ: 解像度 1024x768、32bit以上のカラー
通信ポート: Serial(RS-232C)/USB/LAN/Wi-Fi/Bluetooth

LB120

個人情報の管理
測定者の個人情報をID別に管理・編集することができます。

LB120

体成分結果の画面表示
InBody本体から印刷される体成分結果用紙をそのまま画面で表示できます。
履歴結果用紙の出力
過去に測定した履歴結果を折れ線グラフで結果用紙に印刷することができます。
エクセルデータ変換
測定データをエクセルファイルに変換することが可能です。
データバックアップ・復元
ハードウェアの故障に備え、データのバックアップや復元を行うことができます。
複数名の連続測定
健診など複数名の測定を行う場合、測定データをまとめて管理することができます。
血圧値の手入力・管理
血圧計を連動しなくても、手入力で編集・管理することが可能です。
画面ロック機能
測定結果などの個人情報を誰でも閲覧できないようにすることができます。
血糖値の手入力・管理
血糖値を手入力で入れて、編集・管理することができます。
本体保存データのインポート
結果用紙を添付してEメールで送信することができます。

InBody_sheet

体成分結果用紙
専用結果用紙のような形式で体成分結果用紙、小児用結果用紙、体水分結果用紙(InBody770のみ対応)を出力することができます

LB120

小児用結果用紙

LB120

体水分結果用紙

LB120

履歴結果用紙
測定IDの直近15件まで表示します。体重・筋肉量・体脂肪量・体脂肪率・細胞外水分比・下半身筋肉量を提供します。 全体をチェックすると、全ての測定結果がグラフで表示されます。この場合、測定値は最初と最後の結果のみに表示されます。

LB120

説明結果用紙
体成分に対して解説している結果用紙です。一般の方が見ても結果用紙を理解していただけるように作られています。

InBody_sheet

血圧結果用紙
最高血圧、最低血圧、脈拍数を表示します。高血圧判定基準の評価と高血圧チェックリストを提供します。
個人情報管理機能 個人情報の保存、検索、照会、修正、結果用紙印刷、Eメール送信機能
体成分測定結果管理機能 体成分測定結果
体成分履歴結果
結果用紙の
種類
InBody結果用紙
- 体成分結果用紙
- 小児用結果用紙
- 体水分結果用紙(InBody770のみ対応)
- 履歴結果用紙
- 説明結果用紙
- 血圧結果用紙(※(株)インボディ・ジャパンが提供する自動血圧計のみ対応
その他機能 個人情報管理、設定情報の自動同期、体成分結果の画面表示、履歴結果の画面表示、履歴結果用紙の出力、エクセルデータ変換、データバックアップ・復元、複数名の連続測定、血圧値の手入力・管理、画面ロック機能、血糖値の手入力・管理、本体保存データのインポート、旧Lookin’ Bodyのデータのインポート

* 製品改良のため、仕様・デザインは予告なしで変更することがありますのでご了承ください。

該当する地域又は国を選択してください

企業情報
製品情報
サポート情報
インフォメーション
採用情報
▲ TOP