ウエスタン・デジタル

従業員の健康を啓発する

ウエスタンデジタル コーポレーション(英:Western Digital Corporation;WDC)は、資産全米上位500社にランクインし、データ記憶装置とハードディスクドライブを製造する世界最大のストレージソリューションメーカーです。WDCは従業員に対し、DRIVEウェルネスのプログラムに参加して、より健康的なライフスタイルを選択するよう啓発しています。プログラムでは教育セミナー・トレーニング器具の知識・健康カウンセリング・トレーニング指導などが実施されています。

シニアウェルネス専門家のヘザー・ウィテカーは地元のフィットネスクラブでInBodyと出会い、DRIVEウェルネスでも導入すべきだと実感しました。そして、従業員200名による試行プログラムで効果を確認してから、InBody570を教育ツールとして導入しました。InBodyを使うことで、従業員が自分の健康状態を把握し、より健康になり、企業の効率性や生産性向上にも繋がります。

プログラムを見直す機会になる

ウィテカーは従業員の健康に役立つサービスを提供するという使命を持っています。多くの企業健保組合、従業員健康管理責任者達も同じ問題を抱えています。「従業員の教育に注力しました。彼らが何をすべきで、どのような方法を選択すべきか答えを与えるつもりはありません。自分自身や家族のために、良い健康管理を選択して利用することの重要性だけを伝えようとしています。」

しかし、どのようにその重要性を伝え、従業員に投資すればよいのでしょうか? 幸いなことに、ウィテカーのある出会いが解決策を見出しました。「私がはじめてInBodyについて耳にしたのは、運動のために訪れた地元のフィットネスクラブでした。そのクラブでは12週間のフィットネスチャレンジというイベントが開催されており、イベントでは測定者の体成分を考慮し、筋肉量と体脂肪量が理想的になった状態の体重を示す適正体重という項目が使われていました。」ウィテカーはWDCのDRIVEウェルネスでもInBodyを使うことができるのではと考え、従業員で試しに使ってみることにしました。

200人の従業員が、地元のフィットネスクラブでInBody測定付きの12週間フィットネスチャレンジに参加しました。結果は驚異的でした。トータルで約1800kgの体脂肪を減らすことに成功しました。体重ではなく、純粋に体脂肪だけの重さです。私たちはInBodyを使わなければ、この結果を知ることもできなかったでしょう。」この結果に感銘を受けたウィテカーは、DRIVEウェルネス開設に向けて、InBody570をWDCに迎えることにしました。


啓発のカギは”認識”です

ウィテカーは従業員が体成分に関心を持ち、我々の体を構成するものが何なのか、認識させることを第一の目標としました。InBodyはまさに、その認識を導くために最適なツールでした。「過体重や肥満であるなど、我々がすでに認識している情報をわざわざ聞く必要はありません。InBodyに乗ることで体の構成を詳しく分析できます。体成分結果から、健康状態の理解を深めることができます。」

WDCの健康管理責任者が収集するInBodyのデータは、カウンセリングする際に便利で、“余分に貯蓄された体脂肪は健康へのリスクになる”と明確に説明できる良い方法だと証明されました。「医師がInBodyの結果用紙で注目して見ている項目は、内臓脂肪レベルです。この値が特定の数値に達すると、心臓病・高コレステロール・高血圧のリスクが高まります。」内臓脂肪レベルは内臓の間に存在する内臓脂肪の量を推定したレベルで、内臓脂肪断面積の1桁を切り捨てた値です。内臓脂肪レベルが10を超えると注意が必要となります。

InBodyの結果を用いることで、ウィテカーは教育セミナーを提供する機会を得ることができました。従業員は目を丸くして、自分達の健康と活動的な人生設計を自ら選択する重要性を学びました。セミナーは従業員の健康啓発に効果的でした。


トンネルの出口から光が差し込む

「長いトンネルに迷い込んでいた人達が、出口の光を見つけた瞬間に立ち会えた時に、プログラムの成功を最も感じます。ここでWDC従業員の健康管理指導に携わることで、毎週・毎月確実な進歩を見ることができます。」

現在、DRIVEウェルネスはカリフォルニア州にある本社だけに設備されています。しかし、ウィテカーの成功事例に基づいて、サンノゼ・ベイエリア地区にある支社でも更に2つのセンターを増設することになりました。ウィテカーが本社で活動した内容を支社の従業員にも提供する予定となっており、勿論、その中にはInBodyも含まれています。

“InBodyは必須です“

「DRIVEウェルネスに見学に来る人が絶えません。その度に私は、彼らにInBody結果用紙を紹介しています。InBodyはDRIVEウェルネスにとって重要なツールです。特定の場所に限定されるかもしれませんが、InBody測定ができること、InBodyを使うことができる健康管理指導者がいること、InBodyの結果を解釈できる医師がいることを確認してください。InBodyは体全体の構成をより簡単に調べるために使える、良い機械だと痛感しています。」

 

原文記事
Western Digital uses InBody to Educate and Inspire Employee Wellness

Western Digital is a Fortune 500-listed company and is one of the largest computer data storage and hard disk drive manufacturing companies in the world. Western Digital encourages its employees to develop and maintain active and healthy lifestyles through its DRIVE Wellness Program, which provides educational seminars, workout equipment, health counseling, and coaching to its workforce.

After encountering and using an InBody at an area fitness center, Senior Wellness Specialist Heather Whitaker saw the potential to bring DRIVE Wellness’ offerings to the next level. After seeing the effect it had on a pilot program of 200 employees, Whitaker brought in an InBody 570 as an educational tool available for employees to get a better understanding of their health and to inspire them to become healthier and allow them to be more productive.

A chance encounter that changed a program

Like many wellness specialists at large corporations, Heather Whitaker, Senior Wellness Specialist at Western Digital’s DRIVE Wellness Center has a mission: to provide services that benefit the health of the workforce at Western Digital. While that’s easier said than done, Whitaker has a clear methodology. “Ultimately I’m trying to educate employees,” she remarked. “I’m not trying to tell our employees what to do and how to do things; [it’s] the rational – the reason behind why. We’re trying to make employees see that they need to be good healthcare consumers for themselves and for their family.”

But how to communicate that, and more importantly, how to get employees invested? Fortunately for Whitaker, a chance encounter provided a solution. “I first heard about InBody at a local gym I was working out at. They were doing a 12-week fitness challenge, and part of that challenge was to use the scale to help dictate where your body needed to go.” Going through that challenge herself got Whitaker thinking: what if the Western Digital employees could use the InBody too? So, she tried it out.

200 Western Digital employees chose to enroll in the 12-week fitness challenge at the local gym with the InBody. The results were astounding. “Collectively, they lost close to 4,000 pounds of fat. Not weight, but pure fat. We would have never known that had we not used the [InBody],” said Whitaker. Impressed by the results of the trial, Whitaker made the decision to bring an InBody 570 to Western Digital for the opening of DRIVE Wellness.

Awareness, the Key to Inspiration

Bringing awareness to the Western Digital workforce, with body composition as a significant portion of that awareness, became central to Whitaker’s work towards her goals. Her InBody scale brought that awareness in a comfortable, non-intimidating way. “When you’re overweight, you don’t need anyone telling you you’re overweight; you already know,” said Whitaker, “but by getting on the InBody scale it’s breaking it down for you. It’s making it more relatable and understandable.”

That breakdown has proven to be a key for getting employees at Western Digital invested in their own health. The data the InBody provides the healthcare professionals at Western Digital has also proven to be a convenient and clear way to talk to employees about their health risks associated with excess body fat.

“One of the ways our physician uses the InBody scale in physicals is to look at the visceral fat level. Once it gets to a certain point, he can help them understand that if they don’t lose some body fat – especially in the abdomen area – it’s going to increase their risk for heart disease, high cholesterol, [and] high blood pressure,” said Whitaker. By having the InBody results available to employees, Whitaker is able to provide another educational moment. These moments can be eye-opening for employees and are crucial to inspiring them to take ownership of their health and wellness.

“The Light at the End of the Tunnel”

“I would say that the biggest success stories that we’re having is people feeling [that] there’s a light at the end of the tunnel,” said Whitaker, “in that working with their health coach here they can come whether it be weekly, every other week, monthly, or whatever works for them and they can actually see progress.”Currently, DRIVE Wellness only exists at Western Digital’s headquarters in Irvine, CA. However, based on the success Whitaker has been able to achieve, she plans to open up two more centers at Western Digital’s locations in the San Jose Bay Area. She’ll be bringing what worked at Irvine to the employees up north, and that’ll include an InBody device.

As Whitaker sees it, it’s a must-have.

“I have people come through all the time who come and look to see our wellness center…and I always show them the InBody scale,” she says. “I let them know that it’s such a key tool in a wellness center that…maybe cut back on certain areas, but make sure you have the scale, make sure you have a health coach that can use and have doctors that can understand it. I just think it’s a great tool that people can use, and it just makes understanding your overall body composition so much easier.”