, , ,

出産後に体型を戻す方法

出産後は殆どの女性が、喜び・悲しみ・感動・不安・幸福・緊張・驚き・恐怖など、様々な感情の起伏をジェットコースターの様に経験します。すべての感情が、喜びや幸せのようなプラスな感情であったとしても、感情の束は体に負担を掛けます。

母乳育児は、妊娠前の状態に戻るようにダイエットを促すものではありません。クローゼットに眠っているジーンズを最後に履いたのはいつでしょうか? 妊娠前の遠い記憶です。妊娠前はスタイルが良かったとしても、体重の増加や分娩の影響による腹部のたるみなど、身体的な変化は避けられません。しかし、体型は元に戻すことができます。大事なことは、自身の身体的変化を知り、何ができるのかを学ぶことです。


妊娠中及び出産後の体成分の変化


お腹の中で子どもを育み、出産に備えて身体を整える約10か月の妊娠期間は、体成分が変化する期間でもあります。妊娠期間に大きく変化する体成分は体脂肪量です。体脂肪量は出産日に近づくに連れ増加していきますが、この体脂肪量には自身の体脂肪量増加分に加え、赤ちゃんの体重・拡大した子宮と乳房・余分な血液・胎盤・羊水が含まれています。体内で電流の流れない部分は非伝導体として体脂肪量に測定されるため、電流が上手く通らない羊膜内も体脂肪量として換算されてしまいます。

では、羊膜内以外の本来の体脂肪量は何故増加してしまうのでしょうか? 母体は、赤ちゃんの発達と母乳育児の準備のために脂肪組織が必要となります。しかし、残念ながら出産に備えるためにどれだけの体脂肪量がどこの部分に必要なのかなどの、明確な研究結果は殆ど出されていないのが現状です。出産を経験した557人の健康な女性を対象に、妊娠前から出産後までの体脂肪量の変化をモニタリングした研究では、体脂肪が貯蓄される時期・部位・量は個人差があり、個々によって異なると結論付けています1)。妊婦の体脂肪量に関する研究を曖昧にしてしまう理由は、様々な要因によって母親の体成分(筋肉量・除脂肪量・体脂肪量など)の変化を明確に判断できないためです。いろんな要因の中の一つとして、母親とお腹の赤ちゃんの体成分を分離することができないことが挙げられます。

しかし、次の様な興味深い研究が発表されています。体脂肪量増加の程度に関する因子として、初産婦であるか経産婦であるかが関係するという研究です。この研究では初産婦は経産婦より妊娠中の体脂肪量増加が高いことを示し、出産半年後の時点でも初産婦の方が体脂肪の貯蓄が多かったことが報告されています2)

出産後は、体成分が大きく変化するタイミングです。出産直後は赤ちゃん・胎盤・羊水・余分な血液などの分で、体重が大きく減ることになります。そして約6週間で子宮の大きさが小さくなり、妊娠前の体重に近づいていきます。これらの重さは自然と減っていきますが、残念なことに妊娠中に蓄えられた体脂肪は自然と消えてはくれません。蓄えられた余分な体脂肪のうち、いくらかは母乳育児の中で減らすことができるかもしれませんが、それ以上に体脂肪量を減らすためにはどのような対策が必要でしょうか?


腹直筋離開


妊婦の体型に大きく影響する一つの要因が腹直筋離開です。腹直筋離開とは胸骨から恥骨まで走る腹直筋の中心部分の白線という腱が横に伸びて薄くなり、左右の腹筋が離れて開いた状態になることです。妊娠が進むにつれて、赤ちゃんのスペースのために子宮は成長し、腹部の筋肉は伸びていきます。腹直筋離開は妊娠女性の大半が経験しますが、分離の程度と位置は個々によって異なります。妊婦の腹直筋離開に関するある研究では、68%の妊婦がおへそより上部、32%がおへそより下部で分離が発生したと報告しています。

出産後、分離の程度は自然と和らぐこともありますが、それだけでは完全に元通りになることは殆どありません。出産後の目立ったお腹や出産後から数か月経っても妊娠している様に見える体型は、弱くなってたるんだ腹筋が原因となっています。


安全で効果的なダイエット計画

前項で妊娠後の体型変化の要因を、体成分の変化と腹直筋離開の2点から説明しました。ここでは出産後体型の回復・改善を促すために、妊娠中に気を付けるべき点や出産後の運動などについて詳しくお話しします。

母乳育児の影響と体成分
恐らく、自然と体重を減らすことに繋がる最後のチャンスが母乳育児です。母乳育児と体重減少は関連していることを示す研究が増えてきています。最も結果が顕著に現れていた疫学的研究はデンマークの研究で、母乳育児6か月の女性が合理的に除去できる体重は12kgと定義しています3)。これらの所見は、母乳育児と混合育児(母乳と人工ミルクの混合栄養)の母親の体脂肪量を比較しているアメリカの研究結果でも裏付けされています。この研究で、出産後12週間は混合育児よりも母乳育児の方が母親の体脂肪量減少を促進していたことが分かりました4)

では、授乳中の女性は母乳を作るためにいくらか体脂肪が必要であることを考慮して、どれだけの減量が「安全」と言えるのでしょうか? 出産後の体重が標準の場合は減量に励む必要はありませんが、過体重の女性に関しては授乳中でも1週間あたり約0.5kgの減量(出産後4~14週)は、新生児の成長と発達に悪影響を及ぼさないことが報告されているので、目安にしてください。

妊娠中の食事と体重管理

妊娠中は、赤ちゃんに与える栄養が必要と考えていつも以上に食べ過ぎていませんか? 食べつわりで、常に何か口にしないと落ち着かない方も少なくはないでしょう。高カロリーばかりの偏った食事や過度な体重増加は様々なリスクを高めます。太り過ぎは、妊娠高血圧・妊娠糖尿病・腰痛などの妊娠合併症の原因となります。これらが悪化すると、胎盤の機能低下・流産や早産の原因になる・胎児が巨大児になるなど、母子ともに危険な状態になってしまいます。また、産道にも体脂肪が付くことで難産の原因となったり、微弱陣痛でお産が長引いたりすることがあります。太り過ぎの妊婦は出産を終えるまでこれだけのリスクを抱えていますが、出産後も体重が戻りにくく妊娠線ができてしまうなどの問題があります。出産後体型の回復を早めるためにも、妊娠中に過度な体重増加を指摘された場合は次の点を心掛けましょう。
・規則正しい生活と食事を心掛ける
・早食いを避けて、ゆっくり食べる
・食生活を見直す(食べた物を書いてみると良い)
・間食や夜食を控える
・就寝前の2~3時間は飲食を控える
・油分を控え網焼きや蒸し物に代用するなど調理方法を工夫する

出産直前の体重増加は7~8kg程度が理想的です。理想的に体重増加した際の内訳は、赤ちゃんの体重約3kg、胎盤の重さ約0.5kg、羊水の重さ約0.5kg、乳房・子宮・血液・水分・体脂肪などお母さんの増加分が約3~4kgとなります。これ以上の体重増加はすべてお母さんの体脂肪です。体脂肪量は週に500g以上増えないよう気を付けましょう。

体型別の体重増加の目安

BMI ~18 18~24 24~28 28~
体型 痩せ気味の人 標準 肥満気味の人 肥満
体重増加の目安 12kg 8kg 5kg 0kg

妊娠中に必要な栄養素


妊娠中・授乳中に積極的に取り入れたい食品は「食物繊維・鉄分・カルシウム・葉酸を多く含む食品」です。加え、これらの吸収を助ける働きがあるビタミン類も一緒に取るようにしましょう。一方、妊娠中は高血圧や浮腫みが現れやすいので、塩分を控えめにした食事を心掛けましょう。

▶食物繊維
妊娠中はホルモンの影響などで腸の動きが鈍くなるため、便秘がちになります。便秘予防には食物繊維を積極的に取ることが効果的で、豆類・野菜・きのこ・海藻・果物などに多く含まれています。また、ヨーグルト・納豆・味噌・漬物などの発酵食品も、腸の働きを活発にするので取り入れて欲しい食品です。

▶鉄分
妊娠中はより多くの血液と鉄分が必要になるため、貧血になりやすくなっています。もともと貧血気味であった方だけでなく、食事が思うように取れていない方や痩せ気味の方も、妊娠前より多くの鉄分を摂取するよう、食品やサプリを選択しましょう。鉄分の摂取基準量は妊娠初期で8.5~9.0mg/日、妊娠中期と後期で21.0~21.5mg/日です。レバー・あさり・豆腐・小松菜・ほうれん草などの食品は鉄分を多く含んでいます。

▶カルシウム
カルシウムは日本人に不足しがちな栄養素ですが、赤ちゃんの発育にとても必要な栄養素です。また、妊娠してからこむら返りに悩まされるようになった方も多いと思います。カルシウム不足と妊娠によるホルモンバランスの崩れが原因で、こむら返りが発生します。1日の摂取基準量650mgを目安に、乳製品・小魚・豆腐などカルシウムを多く含む食品を摂取しましょう。

▶葉酸
妊娠中は血液量が増えるので、普段より多くの葉酸が必要になります。葉酸が不足することで貧血・流産・早産・妊娠高血圧症候群などが起こりやすくなります。また、赤ちゃんの口蓋裂や低出生体重の原因となることもあります。葉酸は授乳中も必要な栄養素となりますので、1日の摂取基準量0.4mgを目安に積極的に取り入れましょう。レバー・納豆・ほうれん草・いちごなどの食品は葉酸を多く含んでいます。

▶ビタミン類
鉄分とカルシウムは吸収されにくいので、吸収を助ける働きがあるビタミンを多く含む食品を一緒に取ると良いでしょう。鉄分の吸収を助ける食品は、ビタミンBとビタミンCを多く含む食品で、卵白・干しシイタケ・魚・柑橘類・野菜などが挙げられます。カルシウムの吸収を助ける食品はビタミンDを多く含む食品で、卵黄・いわし・バター・きくらげなどが挙げられます。

妊娠中と出産後・授乳中の運動


妊娠中は様々な制限があり、運動をためらう方もいらっしゃるでしょう。しかし、妊娠中の適度な運動は過度な体重増加・腰痛・肩こり・こむら返り・便秘を予防するだけでなく、出産や育児に備えた体力づくりや気分転換にもなります。妊娠初期の運動は流産を招く恐れがあるという話もありますが、流産の殆どは染色体異常によるものなので適度な運動はまったく問題ありません。但し、子宮収縮抑制薬を服用している時・医師から安静するように言われた時・出血がある時・お腹が張っている時は運動を控えて安静にしてください。おすすめの運動は、腕をしっかり振りながらのウォーキング・マタニティヨガ・マタニティスイミング・マタニティビクスなどの負担をかけすぎない有酸素運動です。反対に、激しい運動・勝敗を決めるような競技・落下や外傷のリスクがあるスポーツ・お腹の赤ちゃんに十分な酸素が行き届かなくなるような登山や無酸素運動など、妊娠中に控えるべき運動もあります。

出産後すぐにも行える運動は、体への負担が少ない産褥体操や骨盤底筋群体操です。産褥体操は、妊娠・出産で伸び縮みしたお腹・子宮・腟壁・骨盤の筋肉の回復を促進します。また、新陳代謝を高め血行を良くすることで肩こり・浮腫み・腰痛が軽減し、母乳の分泌が良くなる効果もあります。出産後は骨盤周りの筋肉が緩み、尿漏れや痔が起こりやすくなっています。これらの予防には骨盤底筋群体操が効果的です。産褥体操や骨盤底筋群体操はベッドに横になったまま行える体操もあるので、出産後なるべく早い段階から始めてみましょう。

▶産褥体操 からだならし -出産後2日目から-
頭を起こす運動(5回×2)
① 仰向けに寝て、両足を伸ばす
② 片手をお腹に、もう一方の手を体側に置く
③ 息を止めずにお腹の上を見るように頭だけ起こす
④ ひと呼吸したら頭を下ろし、左右の手を替えて繰り返す


▶骨盤底筋群体操 -出産後3週間目から-
腰の上げ下げ運動(5~10回×3)
① 仰向けに寝て両膝を立て、お腹に力を入れ、腰をできるだけ高く持ち上げる
② 肩、背中、お尻の順に下ろし、力を抜く


授乳中の適度な有酸素運動は、母乳量・母乳の成分・乳児の成長に影響を与えることもなく、母親の循環器系機能を改善すると言われています。赤ちゃんが外出できるようになったら、一緒にお散歩がてらウォーキングを行うことも良いかもしれません。運動前は十分な水分補給も忘れないでください。


自分に優しく

出産に向けて約10か月かけ体重を増加、体成分を変化させましたが、元に戻すにはさらにもう10か月かかる場合もあります。母乳育児や赤ちゃんの世話にかかりっきりの人は、10か月よりさらに長い期間が必要かもしれません。出産後僅か週数間で体型を元に戻しているモデルや芸能人のことは忘れてください。お抱えのシェフやパーソナルトレーナーなど特別なチームを持っている女性の例は、あまり参考にすることができません。

先ず、出産後の自身の体型が現時点でどの位置であるのか把握する必要があります。体成分を測定して、具体的にどれだけ筋肉量と体脂肪量を調節すべきか調べてみましょう。これらの情報は、体型を戻すための目標設定に役立ちます。焦らず、時間をかけてください。「いつまでに、どれくらいの減量をする」と徐々に前向きな変化を楽しんでください。赤ちゃんと家族の健康も勿論大事ですが、自分の体も気にかけて労わってください。毎日の僅かな変化でも、きっと出産前の体型に戻るでしょう。

参考文献
1. Pregnancy-related changes in body fat. Sidebottom AC et al., Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol, 2001 Feb; 94(2): 216–23.
2. Body fat composition and weight changes during pregnancy and 6-8 months post-partum in primiparous and multiparous women. To WW, Wong MW, Aust N Z J Obstet Gynaecol, 2009 Feb;49(1):34-8. doi: 10.1111/j.1479-828X.2008.00933.x.
3. Breastfeeding reduces postpartum weight retention. Baker JL et al., Am J Clin Nutr, 2008 Dec;88(6):1543-51. doi: 10.3945/ajcn.2008.26379.
4. Effect of infant feeding on maternal body composition. Irene E Hatsu, Dawn M McDougald and Alex K Anderson, Int Breastfeed J, 2008; 3: 18.
5. 安心すこやか妊娠・出産ガイド -産婦人科診療ガイドライン:産科編2014 準拠ー, 関沢明彦 岡井崇 監修, 昭和大学病院総合周産期母子医療センター

, ,

体重調節における女性の特徴

運動の目標を立てるとき、多くの女性が体重減量を第一として考え、筋肉量の増加は二の次になっています。おそらく、「筋肉質=男らしい」という固定概念が原因かもしれません。また、女性の体成分改善の方法も、摂取カロリーの制限や有酸素中心の運動が主流になっていますが、これも体脂肪減量が主な目標であることが理由として考えられます。しかし、このような運動・食事方法では、痩せることはできても健康的に痩せることには繋がりません。

一方、女性は男性に比べて運動効果が小さいと思っている方も多いでしょう。男性の方がより重いものを持ち上げることができて、筋トレの効果も目に見えるように現れるため、女性より男性の運動効果が優れていると感じやすいです。 実際のところはどうでしょうか?

今回は男女の解剖的・生理的違いについて確認し、この差が運動及び食事にどう影響を及ぼすかを見てみましょう。


男女の体成分の違い


男性と女性の体成分はどう違うのか、そして体重調節を行う際に男女の差がどのように関わっているのか、確認してみましょう。

その1. 同じ運動をしたとき、増加する筋肉量の男女差はない。
女性が男性と同じ運動をしたとき、得られる運動効果は同じです。 その理由を述べる前に、先ず男女の体成分的な違いを見てみましょう。

▶平均的に、男性は女性より元の筋肉量が36%ほど多い。
▶筋肉分布をみると、女性は男性より上半身の筋肉量が少ない傾向がある。

2つの違いを見ると、運動効果において男性が遺伝的に少し有利かもしれません。しかし、遺伝的利点があるということが、同じ量の運動をしたときに増加する筋肉量に男女差があるという根拠にはなりません。運動量が同じであれば、男女の筋肉増加量も同じであると報告した研究もあります1)。この研究では、運動によって増加する筋肉量の男女差はなく、筋力のみ、男性に比べ女性の方がより増加したと述べられています。筋力の差に関しては、男性より女性の方が元々の体格が小さいことが理由として挙げられています。

つまり、男性の方が初期の筋肉量が多いため、筋トレをした際もより効果があるように見えるだけで、量の変化には男女の差はないと言えます。また、筋肉量の増加には、筋トレによる刺激に筋肉がどれほど敏感に反応するかが影響するため、性別差より個人差が及ぼす影響がより大きくなります。

結論として、筋肉の増加量は男女差がないため、同じ運動をすれば性別関係なく同じ筋肉量を得ることができます。ただし、女性は男性より元々の筋肉量が3割ほど少ないため、同じ量に達するまではより時間が必要かもしれません。

その2. 男性より女性の方が炭水化物代謝と体脂肪の再利用効率が良い。


筋肉量が多いほど、消費カロリーが多くなることはよく知られています。そのため、元々の筋肉量が3割ほど多い男性が女性より有利だと考えるかもしれませんが、そうではありません。女性の体脂肪及び筋肉組織は男性より特定栄養素をよく分解する特徴を持っているためです。食後の炭水化物酸化に関する男女の差を調べた研究によると、女性は食後により多くの炭水化物を酸化させ、身体活動で必要なカロリーが増加した際には体脂肪を酸化させて不足分を補うことが示されました2)。つまり、女性は炭水化物を休息や回復に合わせて、エネルギー源として使用する傾向があり、脂質は軽い運動でもエネルギー源としてよく変換するなど、代謝柔軟性が高いです。女性の代謝柔軟性が高い理由として推測されるのは次の3つです。

▶エストロゲン濃度の違い
女性は男性よりエストロゲン濃度が高いことが原因の一つと推測されています。エストロゲンは糖代謝に関わるホルモンであり、代謝を促進することでエネルギーを体脂肪として蓄えにくくします。このようなエストロゲンの働きが、女性の代謝柔軟性を高める可能性を示唆しています。

▶炭水化物代謝の違い
男性と女性の炭水化物代謝の違いを調べた研究では、高炭水化物食(通常量より55~75%増)の後に体内グリコーゲン濃度を確認した結果、男性の体内グリコーゲン濃度は増加したにもかかわらず女性では変化がありませんでした。この結果は、過剰なエネルギーを取り入れた場合、男性は今後の備えのため体脂肪として蓄積することに対し、女性はあまり残さず効率的にエネルギーとして使用することを示唆しています。

▶体脂肪分布の違い
肥満のタイプについて、「男性はリンゴ型、女性は洋ナシ形から加齢に伴いリンゴ型になる」等の話を聞いたことがあるかもしれません。このタイプの違いは体脂肪がどの部位に多く蓄積されているのかが大きく関わってきます。余分なエネルギーを体脂肪に変換して蓄積するとき、男性は内臓脂肪として蓄積する傾向があります。一方、女性は余分なエネルギーをお尻や太ももなど下半身を中心に、皮下脂肪として蓄積する傾向があります。糖尿病などの生活習慣病の原因としてよく知られている内臓脂肪は、蓄積されると糖代謝で重要な役割をもつインスリンの反応を鈍くします。インスリンは血糖を細胞に届け、エネルギー源として使用できるようにするホルモンであるため、インスリンの反応が落ちると(インスリン抵抗性)、エネルギー代謝が下がり、より体脂肪として変換されやすくなる悪循環に陥ります。そのため、男性に比べ、内臓脂肪が少ない女性の方が、エネルギー代謝がより高くなっています。

これらの理由を踏まえて考えると、女性は特に炭水化物や脂質の摂取量を減らすことよりも、タンパク質と一緒に適量を摂取しながら定期的に運動することでエネルギーを適切に消費することが重要です。適切な栄養摂取は運動効果を高め、筋肉量を増やすことに役立ちます。ただ、「良い」炭水化物や脂質を取ることが大切です。同じ炭水化物食品でも、精白パスタやお菓子など、精製加工された炭水化物は加工過程で糖が多く含まれることになるため、「悪い」炭水化物に該当します。加工されていない野菜や果物、豆類、全粒穀物などは「良い」炭水化物に含まれます。適切な栄養摂取、食事を欠かせないことが重要な理由はもう一つあります。エネルギー源になる栄養素が供給されず、一時的な「飢餓」状態に陥ると、体は持っている体内のエネルギーだけで身体機能を維持するために、足りない分のエネルギー分は筋肉(タンパク質)・体脂肪を分解して補います。つまり、食べずに運動すると運動による消費エネルギーを補うために筋肉が分解される逆効果を招き、代謝量も減少することになります。

その3. 女性は遅筋繊維の割合が速筋繊維の割合より高い。


筋線維は大きく2種類に分けられます。遅筋線維と速筋繊維です(最近の研究によると速筋繊維も2つのタイプがありますが、速筋であることに変わりはないため、ここでは区分せずに説明します)。

遅筋線維は赤筋とも言われ、持久力が高く力は弱いという特徴があります。収縮速度が遅いため爆発的な力を出すことはできませんが、疲労に強いです。また、酸素をエネルギーとして使うミトコンドリアが多く含まれているため、有酸素運動を含むすべての運動で活性化されます。エネルギー源としては体脂肪を使用します。筋力は筋線維の太さと比例しますが、遅筋線維は力が弱い分、太くないことも特徴です。

速筋繊維は白筋とも言われ、力が強く持久力はないという特徴があります。収縮速度が速いため、瞬間的に大きな力を出すことができますが、すぐに疲れてしまうため長くは持ちません。グリコーゲンをエネルギー源として使用し、短距離走りやウエイトリフティングなど瞬間的に力を発揮する運動をするときに活性化されます。力が強いため、筋線維も太いです。

女性の場合、遅筋線維の割合が速筋繊維より高い傾向があります。そのため、男性のように瞬間的に強い力を出すことは難しいです。しかし、高齢者男女を対象に6ヶ月間筋力運動の効果を検証した研究によると、女性が男性より全身の筋力トレーニングで筋肉量をより多く増加させることができると報告されています3)。そして、女性が男性と同じく運動をしても、男性のようにマッチョにはならないことも、筋線維がより細い遅筋線維が多い点が理由となります。

その4. 男女はホルモンの濃度が違う。


エストロゲンとテストステロンというホルモンについて聞いたことがありますか? エストロゲンは女性のイメージがあり、テストステロンは男性のイメージがあるという方が多いでしょう。この2つのホルモンは男女が違う身体特徴を持つように働くため、性ホルモンと呼ばれます。思春期前までは、男女の除脂肪量は約80%で、性別による除脂肪量の差はありませんが、思春期からホルモン濃度に差が生じ始めます。そして、成人になると、女性はエストロゲンの増加によって除脂肪量が70-75%に減少しますが、男性の除脂肪量はテストステロンの影響で90%まで増加します。その結果、男性は筋肉量が多くなり、女性は脂肪組織量及び必須脂肪量が増加することになります。

男性ホルモンと呼ばれるテストステロンですが、男性にだけあるホルモンではありません。男性より量は少ないものの、テストステロンは女性にも分泌されており、筋トレを行うことでテストステロンの分泌量を高めることも可能です。また、テストステロンは筋肉を発達させるホルモンであるため、男性の筋肥大反応の効果がすぐに現れますが、ホルモンの影響による最終的な筋肉増加量の男女差は少ないという研究結果もあります4)。つまり、女性はテストステロンの分泌量が少ないですが、このホルモンが筋肉増加量に及ぼす影響は小さいため、女性が男性より筋肉量を増やすことが難しいわけではありません。前で説明した通り、男性と女性の運動量が同じであれば、筋肉量も同様に増加します。

他に、女性に影響を及ぼすホルモンの変化を招くものとして、ピル(経口避妊薬)の服用と閉経も挙げられます。ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが入っており、飲むと血中のホルモン濃度を増加させます。特に、プロゲステロンの濃度が高くなりやすいですが、プロゲステロンは排卵後に高くなります。ピルによって血中のプロゲステロン濃度が高い状態になると、体は「すでに排卵している」と錯覚してしまい、実際の排卵が起こらなくなります。一方、女性のテストステロンは排卵前にピークに達しますが、ホルモン濃度が排卵後の状態を維持していると、テストステロンの分泌が抑えられます。そのため、テストステロンの濃度も影響を受けて減少し、筋肉量が増加しづらくなります。特定の経口避妊薬を服用している女性が、服用していない女性より筋肉量が増加しづらいという研究発表もあります5)。閉経もホルモンに影響を及ぼします。閉経が近づくにつれ、卵巣のエストロゲン生産量は減少します。動物実験の結果によると、エストロゲン濃度の減少が食欲増加による過食の原因となり、体脂肪の分布を変化させる可能性があると言われています。更年期・閉経期女性が男性と同じ内臓脂肪型肥満になりやすい理由もエストロゲン濃度の変化が原因と言われています。

このように女性は、体成分の変化に影響する要因としてホルモン分泌の変化など様々な要因があり、ピル服用中の女性や閉経・更年期の女性はより多くの努力が必要となります。


運動効果における男女の共通点と違い

体成分の変化において、男性と女性は同じところもあれば、違うところもあります。ホルモン濃度や筋線維の分布による差はありますが、これは女性が男性より筋肉が付きにくいことを意味している訳ではありません。女性も男性と同じだけ運動をすると、同じ分の筋肉量を増やすことができます。女性の筋肉量が男性と同じだけ増えてもマッチョのような筋肉質に見えない理由は、筋線維分布やホルモン濃度の差によるもので、女性が筋肉質を強調したい場合はボディビルダーのような特別な管理がプラスで必要になります。

適切な筋トレは体成分変化に良い影響を及ぼします。従って、筋トレと有酸素運動の両方を適切に実施することで、より効果的且つ楽しく目標の体成分に到達することができるでしょう。
※具体的な方法などはInBodyトピックの「体型改善-ダイエットの始め方-」も参考にしてください。

参考文献
1. Response to resistance training in young women and men, F. T. O’Hagan et al., Int J Sports Med. 1995 Jul;16(5):314-21.
2. Gender differences in skeletal muscle substrate metabolism – molecular mechanisms and insulin sensitivity, Anne-Marie Lundsgaard and Bente Kiens, Front. Endocrinol., 13 November 2014.
3. Changes in electromyographic activity, muscle fibre and force production characteristics during heavy resistance/power strength training in middle-aged and older men and women, Keijo Häkkinen et al., Acta Physiologica Scandinavica 171(1):51-62 · January 2001.
4. Do Sex or Race Differences Influence Strength Training Effects on Muscle or Fat? Cory walts et al., Medicine & Science in Sports & Exercise. 40(4):669-676, APR 2008.
5. Oral Contraceptive Use Impairs Muscle Gains in Young Women. Chang Woock Lee et al., The FASEB Journal Vol.23, No. 1 supplement, April 2009.